http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
*初めての方へ*

プラレールの話題が中心です。その他、鉄道、ポケモンの話題や、イラストの投稿などを実施します。

リンクをご希望の方・個別の案件がある方・法人の方
記事番号552の詳細記事をご覧ください。(2013/04/28)

サイト上部のボタンをクリックすることで
各カテゴリの最新記事へジャンプします。(2016/03/05)

本サイトの推奨環境
→Windows8.1以降の「Opera」「GoogleChrome」各最新版
→iOS9以降の「Opera」
→Android4.4の「Opera」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*ブログランキング実績*

6947b4d3854a50bf9ef53871e623098b.png
当方で把握しているブログランキング最高順位です。

小田急…1位 京急…1位 プラレール…1位
全体…3301位 鉄道…6位 (2013年12月30日23時)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*アクセス数について*
記念画像

累計アクセス数が400,000pvを突破しました!
詳細記事はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*pokeTV ブログ支局*
チラチーノ
ラムミィに次の動画公開日を聞く!
※必ずしもその通りに公開されるとは限りません。
※情報は最新版では無い事があります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*自己紹介*
ぽけむー←管理人代理キャラクター「ぽけむー」

当サイトを運営しております、ぷらぽけです。フルネームだと長いので、ぽけと省略表記する場合もありますのでご注意ください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*purapokeおススメの記事*

・赤アメ運転会 系統
第1回赤アメ運転会(非公開イベント) その1
第1回赤アメ運転会(非公開イベント) その2
第1回赤アメ運転会(非公開イベント) その3

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*おことわり*

私はYoutube、ニコニコ動画、Twitter、Ameba、Skype等においてアカウントを所有しておりますが、それらに関する私なりの見解と方針です。

・Youtubeでのチャンネル登録返しは一切行いません。
→チャンネル登録者数増加に伴い、返すのが大変なので登録返しは取りやめました。

・ニコニコ動画でのフレンド申請は原則受け付けません。
→お気に入り登録していただくのはもちろん自由ですが、フレンド申請を受けることはほとんどありません。

・Twitterで必ずリフォローするとは限りません。
→現段階でのフォロー返し率は3割~4割です。これ以上フォロー数を増やすとTLの流れる速度が上がりすぎてしまうので、返す保証が出来ません。

・FC2でのブロ友申請も基本受けていません。
→こちらも返すのが面倒なので、一括して受けないという方針を取っています。

・リンクは歓迎です。
→詳しくは記事番号552の詳細記事をご覧ください。というか、必ずこちらを読んでください。

・ブログのコメント欄には必ず目を通し返答することを心掛けていますが、返答が大幅に遅れることはございます。
→ブログのコメント欄は記事に関する感想や意見などをいただけるので参考になったり、次の記事を書くモチベーションになったりしているのですが、その返答は余裕があるときに回しているためどうしても遅くなってしまいます。自分勝手だとは思いますがご了承ください。

・ブログの感想は各記事のコメント欄にお願いします。
→基本的にこのトップページには感想コメはご遠慮いただいております。理由としては、ここに感想コメを書かれても別の訪問者様が何のことを書いているか分かりませんし、場合によっては私もどの記事に関して書いたのかが分からないためです。各記事のコメント欄に書くのが不適切なコメントは、そもそもコメントする必要がないかと思いますし、私としても反応に困ってしまいます…。

・個人情報を第3者に開示することはありません。
→コメントを入れられた際のホスト名やリンク等申請時のメールアドレス等の個人情報を第3者に開示することは原則としてありません。

**ひとこと**
ここまで読んでいただきありがとうございました!楽しんでいってくださいね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
少し前に紹介したOELFは、最初に目をつけた理由が「CCFLの供給が安定せず実店舗で購入できない」ことで、入手難易度が高いことが原因でした。

これが約2~3年前から続いているような状態でしたが、最近大学の友人から在庫が復活したとの情報をもらい、早速確認したところ…。

秋葉原の某実店舗にて販売の存在を確認し、ときどき足を運んでいますがどうも2017年3月現在供給が安定したようです。

かつて店舗からは「生産が終了してしまったので在庫が枯渇して今後納入される見込みもない」と言われ続けていたCCFL。供給が復活したとあらば、こちらも検討の価値はあります。


と、いうわけで、早速購入し試験してみることに。とにかく明るいです。また、蛍光灯の仲間なので見た目もそれっぽい。


前回大絶賛してたOELFはこんな感じ。ぱっと見大した差がないようにも見えますが、カメラの設定を大幅に変えてようやくこのレベルです。


2枚目の設定で両方撮るとこれだけの差があります。


いかに明るさの差があるかお分かりいただけましたでしょうか。


で、前回も課題点としてあげていた明るい時の光り方ですが、CCFLは余裕の輝きです。明るくても光ってることが容易に分かります。


ただし、いいことずくめではないです。あくまでも入手難易度が改善されたというだけの話です。

この改善により実は連動して単価も1/4程度まで下がったのですが、それでもまだOELFに比べると若干高いですし、LEDとは月とスッポンの状態です。

また、OELFは概ねひとつの駅舎に対して1~2個のインバータでいいのですが、CCFLはひとつの駅舎に対して必要なインバータは6個と多く、スペース的にも配線的にも大変です。

また、このインバータだと12V必要なので基本的にコンセントから給電することになります。OELFは5VなのでモバイルバッテリーなどのUSBから給電できますから、自由度の観点からCCFLにとってマイナスとなります。インバータが多いため単純に消費電力も高く、高電圧で触れるとまずい箇所が多くOELFの完全上位互換とまではいきません。むしろ人によっては下位互換と見る場合もあるかと思います。

見た目にとにかく特化するならCCFL、経済性や安全性を両立するならOELF、多分使うことないけど経済性や安全性に特化するならLEDといったところです。

ただ、個人的にはCCFLを使用した駅舎は製作してみたいと思っています。
OELF仕様の駅と並行して製造するのが手っ取り早いでしょうか。