FC2ブログ
http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
*初めての方へ*

メイン:
 プラレール、模型(HO・N)、鉄道、イラスト、ポケモン
動作推奨環境: 
 Windows8.1以降の「Opera」最新版  (2018/11/13改訂)
動作確認環境:
 macOS 10.14 Mojave以降の「Opera」「GoogleChrome」各最新版  (2018/11/13改訂)
 Windows8.1/10の「Opera」「GoogleChrome」各最新版  (2018/11/13改訂)
 iOS12以降の「Opera」  (2018/11/13改訂)
 Android4.4の「Opera」  (2018/11/13改訂)
リンク希望について:
 記事番号552の詳細記事をご覧ください。  (2013/04/28改訂)
カテゴリ:
 【PC】サイト上部のボタンをクリックすることで各カテゴリの最新記事へジャンプします。  (2016/03/05改訂)
 【スマホ】メニューから選択してください  (2018/11/13改訂)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*ブログランキング実績*

6947b4d3854a50bf9ef53871e623098b.png
当方で把握しているブログランキング最高順位です。

小田急…1位 京急…1位 プラレール…1位
全体…3301位 鉄道…6位 (2013年12月30日23時)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*アクセス数について*
記念画像

累計アクセス数が400,000pvを突破しました!
詳細記事はこちら


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*自己紹介*
ぽけむー←管理人代理キャラクター「ぽけむー」

当サイトを運営しております、ぷらぽけです。フルネームだと長いので、ぽけと省略表記する場合もありますのでご注意ください。  (2018/11/13改訂)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*おことわり*

私はYoutube、ニコニコ動画、Twitter、Ameba、Skype等においてアカウントを所有しておりますが、それらに関する私なりの見解と方針です。

・Youtubeでのチャンネル登録返しは一切行いません。
→チャンネル登録者数増加に伴い、返すのが大変なので登録返しは取りやめました。

・ニコニコ動画でのフレンド申請は原則受け付けません。
→お気に入り登録していただくのはもちろん自由ですが、フレンド申請を受けることはほとんどありません。

・Twitterで必ずリフォローするとは限りません。
→現段階でのフォロー返し率は3割~4割です。これ以上フォロー数を増やすとTLの流れる速度が上がりすぎてしまうので、返す保証が出来ません。

・FC2でのブロ友申請も基本受けていません。
→こちらも返すのが面倒なので、一括して受けないという方針を取っています。

・リンクは歓迎です。
→詳しくは記事番号552の詳細記事をご覧ください。というか、必ずこちらを読んでください。

・ブログのコメント欄には必ず目を通し返答することを心掛けていますが、返答が大幅に遅れることはございます。
→ブログのコメント欄は記事に関する感想や意見などをいただけるので参考になったり、次の記事を書くモチベーションになったりしているのですが、その返答は余裕があるときに回しているためどうしても遅くなってしまいます。自分勝手だとは思いますがご了承ください。

・ブログの感想は各記事のコメント欄にお願いします。
→基本的にこのトップページには感想コメはご遠慮いただいております。理由としては、ここに感想コメを書かれても別の訪問者様が何のことを書いているか分かりませんし、場合によっては私もどの記事に関して書いたのかが分からないためです。各記事のコメント欄に書くのが不適切なコメントは、そもそもコメントする必要がないかと思いますし、私としても反応に困ってしまいます…。

・個人情報を第3者に開示することはありません。
→コメントを入れられた際のホスト名やリンク等申請時のメールアドレス等の個人情報を第3者に開示することは原則としてありません。

**ひとこと**
ここまで読んでいただきありがとうございました!楽しんでいってくださいね。  (2018/11/13改訂)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
社会人になってはじめて、西の方向へ向かうことになりました。
今後の頻度も含め、「遠征」と呼ぶのに相応しいか、旅行とカテゴリするのが相応しいのかは分かりませんが、現時点ではまだそれほど高頻度では行っていないので今回は遠征としておきます。

ここのところ実質的なサービス残業が多かったのですっかり疲れてしまい、静岡の田舎なのでATMも遠いことから現金不足に陥って帰宅したら家事をして寝落ちの繰り返しになってしまい更新がおろそかになりました。月末には回復すると思います。

この3連休は、少し前に赤アメ内で大阪で串カツパーティーしようという話になり、それに便乗する形で私も大阪へ向かうことにしました。

fc2blog_20181124073726d16.jpg
まずは「こだま」で新横浜へ向かいました。

ン…?

fc2blog_20181124073732231.jpg
横浜市営地下鉄で横浜駅を目指します。

ン…?

はい。静岡から新横浜だと題名の目的地とは完全に反対方向に向かっていますね。
分かる人には分かるであろう用事が関東にあったため、無理にスケジュールにねじ込んだ結果こうなりました。

fc2blog_2018112407373897f.jpg
いつもは横浜線を使うところですが、せっかくなのでもう一つ目的を設定しました。

fc2blog_20181124073744ec7.jpg
この無理なスケジュールのせいで無駄に3桁km移動する羽目になっています。ついたのは相鉄大和駅。

fc2blog_201811240738000b3.jpg
3Dプリンタ製の駅のモデルとなる同駅を取材に来たのです。

最近は小田急と相鉄の間に中間改札が設置されてしまいましたが、従来の改札がなかった時代の利便性を図るための救済措置なのか、相鉄単独の利用者でも大和駅で下車する場合は小田急側の改札を利用することができます。(逆に小田急利用者が相鉄の改札利用も可能)

なので、小田急の駅構内も見れてしまうわけですね。大和で降りる場合乗ったらダメですよ。中間改札があるのに通り抜けが可能なのは珍しいのではないでしょうか。

fc2blog_2018112407380518f.jpg
発車標の高さ(余談ですが支線である江ノ島線ですらこの本数であることに若干の寂しさを感じました)

fc2blog_20181124073812586.jpg
軌道の様子

fc2blog_201811240738182d2.jpg
ホーム上の設備

fc2blog_201811240738246e7.jpg
階段

fc2blog_2018112407383001a.jpg
点字ブロック

fc2blog_2018112407383623d.jpg
外観

fc2blog_20181124073845b75.jpg
そういえば、大和には相鉄の駅ビルが建っていましたね。
でも今回は前作の都立大学とは違いあくまで参考にするだけで正確に再現するつもりはないので無かったことにします。
今回目指してる駅はプレーンな2面4線の高架駅で求められているのは汎用性です。

fc2blog_20181124073852467.jpg
けれど、駅前のごちゃごちゃした雰囲気を作れる拡張性は残したいところ。高架下の道路とかいいですよね。

この後用事を済ませて…

fc2blog_20181124073857b3b.jpg
再度横浜駅へ舞い戻り。

fc2blog_20181124073907e0a.jpg
横浜駅、イルミネーションがありました。

先ほど新横浜を出てからすぐに戻ってきたような感じですが新横浜で翌日を待つことに。

fc2blog_20181124073912fd3.jpg
23日午前5時。

本来であれば日中に静岡から「ひかり」に乗って京都まで行く予定でしたが、予定変更で新横浜から「のぞみ」を使います。
…と言いたかったのですが、無理なスケジュール変更のせいで「のぞみ」の指定が取れず自由席になってしまい、確実に座れる始発に乗るため予定を大幅に前倒ししました。3連休なので混んでいるようで、日中はどれも満席でした。

fc2blog_20181124073921407.jpg
シャッターが開いてすらいない新横浜駅。これは新鮮。

fc2blog_20181124073926e58.jpg
新横浜の始発はこの「ひかり493号」だけです。東海道新幹線内では一度ものぞみに抜かれない珍しいひかりです。

fc2blog_201811240739324c0.jpg
始発の時間にも関わらずすごく混んでいました。

fc2blog_2018112407393764d.jpg
朝の富士山。

fc2blog_201811240739416ad.jpg
ちなみに、この写真の背後では通勤電車顔負けの大混雑状態になっていました。あまりにも人が多すぎたため名古屋駅でドアを閉められず、あの定刻性を謳う新幹線が5分も遅延したほどです。

記事は次回へ続きます…。