FC2ブログ
http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
*初めての方へ*

メイン:
 プラレール、模型(HO・N)、鉄道、イラスト、ポケモン
動作推奨環境: 
 Windows8.1以降の「Opera」最新版  (2018/11/13改訂)
動作確認環境:
 macOS 10.14 Mojave以降の「Opera」「GoogleChrome」各最新版  (2018/11/13改訂)
 Windows8.1/10の「Opera」「GoogleChrome」各最新版  (2018/11/13改訂)
 iOS12以降の「Opera」  (2018/11/13改訂)
 Android4.4の「Opera」  (2018/11/13改訂)
リンク希望について:
 記事番号552の詳細記事をご覧ください。  (2013/04/28改訂)
カテゴリ:
 【PC】サイト上部のボタンをクリックすることで各カテゴリの最新記事へジャンプします。  (2016/03/05改訂)
 【スマホ】メニューから選択してください  (2018/11/13改訂)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*ブログランキング実績*

6947b4d3854a50bf9ef53871e623098b.png
当方で把握しているブログランキング最高順位です。

小田急…1位 京急…1位 プラレール…1位
全体…3301位 鉄道…6位 (2013年12月30日23時)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*アクセス数について*
記念画像

累計アクセス数が400,000pvを突破しました!
詳細記事はこちら


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*自己紹介*
ぽけむー←管理人代理キャラクター「ぽけむー」

当サイトを運営しております、ぷらぽけです。フルネームだと長いので、ぽけと省略表記する場合もありますのでご注意ください。  (2018/11/13改訂)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
*おことわり*

私はYoutube、ニコニコ動画、Twitter、Ameba、Skype等においてアカウントを所有しておりますが、それらに関する私なりの見解と方針です。

・Youtubeでのチャンネル登録返しは一切行いません。
→チャンネル登録者数増加に伴い、返すのが大変なので登録返しは取りやめました。

・ニコニコ動画でのフレンド申請は原則受け付けません。
→お気に入り登録していただくのはもちろん自由ですが、フレンド申請を受けることはほとんどありません。

・Twitterで必ずリフォローするとは限りません。
→現段階でのフォロー返し率は3割~4割です。これ以上フォロー数を増やすとTLの流れる速度が上がりすぎてしまうので、返す保証が出来ません。

・FC2でのブロ友申請も基本受けていません。
→こちらも返すのが面倒なので、一括して受けないという方針を取っています。

・リンクは歓迎です。
→詳しくは記事番号552の詳細記事をご覧ください。というか、必ずこちらを読んでください。

・ブログのコメント欄には必ず目を通し返答することを心掛けていますが、返答が大幅に遅れることはございます。
→ブログのコメント欄は記事に関する感想や意見などをいただけるので参考になったり、次の記事を書くモチベーションになったりしているのですが、その返答は余裕があるときに回しているためどうしても遅くなってしまいます。自分勝手だとは思いますがご了承ください。

・ブログの感想は各記事のコメント欄にお願いします。
→基本的にこのトップページには感想コメはご遠慮いただいております。理由としては、ここに感想コメを書かれても別の訪問者様が何のことを書いているか分かりませんし、場合によっては私もどの記事に関して書いたのかが分からないためです。各記事のコメント欄に書くのが不適切なコメントは、そもそもコメントする必要がないかと思いますし、私としても反応に困ってしまいます…。

・個人情報を第3者に開示することはありません。
→コメントを入れられた際のホスト名やリンク等申請時のメールアドレス等の個人情報を第3者に開示することは原則としてありません。

**ひとこと**
ここまで読んでいただきありがとうございました!楽しんでいってくださいね。  (2018/11/13改訂)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
とある事情により必要になったので、現在Youtubeなどで動画を上げる際を主として、メインで活用しているソフトをまとめた記事を何本か書くことにしましたのでお付き合いください。
もし今後、動画を始めようと思っている方がいれば参考になるかもしれません。

使用率に応じてランキング形式にしましたので、そのあたりも含めてご覧ください。
需要の高いソフトについては個別に使用方法についてまとめようかと思います。

第1位
「Azpainter2」 ※無料
画像_2021-06-16_165315
もうマジで私のネット人生においてこれは外せない!というほどに世話になっているソフトです。
一応、主としては「イラスト系ソフト」になりますが、なんでもできます。
動かない画像関係はほぼコイツに100%近く依存しています。

ここでぜひ知ってほしい特徴は
とにかく軽い!(低スぺPCでも余裕)
・レイヤー機能を使える!
アルファ付きpng画像を保存できる!
・PSDファイルで保存・読み込みができる!

詳しく見ていくと他のイラスト系ソフトと比較して非常に軽いです。ソフトの容量もほとんどなく、PCにインストールする必要もないので極端な話を言えばUSBメモリにソフトを突っ込んでおくだけでもサクサク起動できるのが強みです。体感ですが、Windows標準のペイントソフトよりも軽いので私は画像ファイル系は全部Azpainter2で読み込みするように設定してるくらいです。

レイヤー機能に関してですがわからない方のために説明しておくと、通常のペイントソフトなどでは一度絵を描くと、後から中の文字だけ変えたい!となったときに画像の中の文字だけ消して、再度書くのは大変ですよね。それを、例えば透明なフィルムがあったとして1枚目に顔をかいて2枚目に体を描いて、3枚目に文字を書いて、それらを重ね合わせて1枚の絵にすると、文字だけ変えたい!という場合には文字を描いたフィルムだけ差し替えればそれ以外の部分は修正しなくて済みますよね。レイヤーとは、この透明なフィルムのことで、パーツごとに分離して保存しておく機能のことです。慣れるとレイヤー機能がないペイントソフトには戻れなくなります。

アルファ付きpng画像もわからない方のために説明しておきます。まず「透過」についてです。
写真のデータなどで主流のjpgというファイル形式では「透過」はできないため、先のペイントなどで丸い絵だけ描いてこのjpgで保存したとしても、余白の部分が白などで塗りつぶされた四角い画像ファイルになります。でも、別の絵にこの丸い絵を合成したいとき、勝手に塗りつぶされた白い部分などまで合成されて厄介ですよね。そこで、「透過png」という方法で保存すると、色を塗っていない場所の色は「透明」として保存されるため、後から別の絵に合成するのが大変楽になります。
桜咲く宣伝用2
…動画などではクロマキー合成という指定した色だけ透明にするという技術もあるので、必ずしも透過である必要はありませんが、最初から透過されている方が非常に楽です。この画像も文字やプラレールの部分以外は透過にしています。

ただここで問題になるのは、あくまでも「透過」は透明なだけであるということです。動画制作をずっとやってると、「半透明にしたい」というような要望も出てきますが、透過pngは基本的に普通の色か透明かの2択になるので半透明は技術的にかなり難しいです。
そこで登場するのが「アルファ付きpng」で、この方式はなんと半透明などの透過率まで保存できます。動画編集においてはグラデーションを多用しても最小限の手間で済むように、このアルファ付きpngファイルが多数使用されています。

透過pngならまだしも、アルファ付きpngファイルを扱えるソフトはかなり限られます。他には候補としてMicrosoftのパワーポイントなども透過ファイルで保存できます。

最後のPSDファイルですが、これはPhotoshopというイラスト系ソフトでは最有力の「有料ソフト」のファイル形式です。たまに別のソフトの要件がPSDファイルだったり、業者とのやり取りにおいてデータを納入する際にPSDファイルを要求されることも多いので、フリーソフトだけで対応するのであれば結構おすすめです。

数少ない弱みとしては、「4000px以上のデータの読み書きができない(データとして扱うこと自体は可能)」「レイヤー数が50を超過するとapdファイル(Azpainter2の専用ファイル形式)で保存できなくなる」「2011年でサポートが終了した(Windows版)」といったことでしょうか。

ちなみにAzpainter2はこれからダウンロードする方のために、注意喚起として検索すると上位にウイルス付きの偽物が出てきますので誤ってインストールしないように気を付けてください。
→こちらでインストール方法について解説しています。

第2位
PowerDirector10・12・16 ※有料
やはり動画制作における肝になってくるソフトなのでここは有料のソフトを購入しています。

導入理由についてはこちらで解説しています。

当時とは7年経過して新たに16を使いだしており、12の使用頻度は激減していて10に至ってはほぼ使っていません。最新版は19のようですが、私は今のところ16で満足しているのでiMacが寿命を迎えない限りはこのままだと思います…。
12はクロスフェード関係でバグがある・16はクロマキー合成関係でバグがあるのと音楽プレビューができないことから、2つをうまく使い分けて進めています。

ざっくり説明すると、中級者向けのソフトです。すごいこった編集がしたい方には物足りないと思いますが、Windowsムービーメーカーが終わった昨今では直感的に触りやすく、分かりやすいソフトなので初心者にも結構おすすめです。極めれば中級クラスの要望には応えられます。
7年前であれば入門にはVista版のWindowsムービーメーカーがお勧めだったんですが、さすがに今更Vistaを推すのもね…。いや7年前でもVistaはだいぶ時代遅れ感あったけど。

第3位
棒読みちゃん ※実質有料
文字通り「ゆっくり」です。ナレーションなどに使えます。
ちなみに過去にはSoftalkを使用していた時代もありましたが、こちらはアナログ出力のせいなのかヘッドホン出力などで片側からしか音が出ない、音声出力時に強制的に読み上げられてしまうなどの欠点が多かったため乗り換えました。

あ、ちなみにこのソフトをYoutube(広告付き)で使う場合ライセンスが必要ですので実質有料としていますが、ソフト自体は無料でダウンロードできます。

第4位
InstaFlashPro ※有料
こちらは今までのWindowsではなくiOSのソフトですが、動画などで写真を使う際によく使うため掲載しました。
写真を加工してキレイにするためのソフトです。簡単な写真のクリーニング(明度やコントラストの調整)程度ならAzpainter2のみで事足りますが、このソフトは写真の加工に特化しているため暗い部分のみを明るくしたり特定の色だけ強調したりといった、細かいところにまで手が届くソフトです。
これを使うとスマホで撮った写真も見違えますよ。

第5位
JTrim

Azpainter2導入以前に主力だったソフトです。

画面のリサイズなどがしやすいことや、特定のエフェクト付加に使います。
実は6年前に同様のソフト紹介をしたこともあるのですが、当時とほとんど変わってなくて草。

このソフト同じような書かれ方をされてる割にしぶとく使い続けられています。
Azpainter2って画像を作るのにも優秀なんですが、「印刷」機能がついてないので印刷時は大抵こちらで読み込んでいます。
Azpainter2ほどではないですがこちらもかなり軽い分類に入ると思います。

以上でソフト紹介は終わりたいと思います。