http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事で予告していた
赤い彗星の協奏曲(第14話~第16話)についての話題です。

第13話の次回予告において、第14話~第16話を同時公開する!と言っていました。
実際、台本の作成は完了し作業自体も30%程進んでいたのですが、
このたびFeelingsプラレールワールドは第13話で打ち切りとして宣言させていただきます。

Us-Railでも動画の最後で軽く触れていますが、こちらでは理由について詳細に触れていきます。

まず初めに、投稿から5年ほど経過しており、当時の業界を知らないという方もいるかと思いますので、概要をお話しします。

2010年頃、テツケイさんより絶大な人気を誇った「プラレール物語」という動画シリーズがニコニコ動画に投稿され、後に子作品として投稿され始めたプラレール劇場と合わせて「プラレール物語シリーズ」とした動画のコミュニティが形成されました。

私はYoutubeにて、当時はこれらとは関係ない動画シリーズとして「京急プラレールSTORY」の投稿を開始し、第3話の時点でプラレール物語シリーズの傘下入りを果たし、その後類似の動画が様々な投稿者により爆発的に増殖しました。(2012年頃)

ところが、爆発的流行が仇となり質の低い動画投稿者が増え(まぁ当時の動画は私のものも質は低いですが…正直黒歴史にしたい)、とある事情により小学生の動画投稿者が炎上する運びとなり、関係のないシリーズ全体に火の粉が降りかかる結果となり親作品のプラレール物語は投稿を終了・今まで存在した動画は全削除され、姉妹作品のプラレール劇場も実質終了へ追い込まれる結果となりました。(なお、当時コミュニティ側は元々姉妹作品認定に消極的であった作品の投稿者がコミュニティ側に無断で行動した結果炎上したため、本件についてもコミュニティ側は関与しておらずプラレール物語シリーズは無関係と終始主張していました。)

この結果、プラレール物語シリーズのコミュニティは解散へ追い込まれてしまいました。親作品のテツケイさんも「もう関わりたくない」として別の業界へ転身(本人の意向を汲んで現在の居場所については伏せさせていただきます)し、第1次流行時にコミュニティが登録に消極的だった作品や追放された作品を除けば生き残りは私が投稿していたFeelingsプラレールワールドのみになりました。(現在、ニコニコ大百科が削除されるという異例の事態となっていて、過去の栄光は消されつつあります)

さて、そんな業界爆裂後のプラレール物語シリーズ、現在の状況はよくわかりませんでしたが、炎上騒動も鎮火して制作を再開しようかという頃、とあるTwitterのTLを見て制作意欲が完全になくなってしまいました。この発表までだいぶ間をあけるように配慮しましたが、色々な騒ぎに巻き込まれた作品はもう終わりにしたいというのが正直なところです。

今後類似の動画を新規に制作するにしても、今までの動画の設定等は白紙にして関係のないシリーズとしてスタートすると思います。

これはお願いとなりますが、Youtubeやニコニコ動画へ投稿している動画の投稿者は日々低年齢化しているのが実情です。ですが、その影響を受けひとつの業界が閉鎖に追い込まれる場合があるということをよく頭に入れてほしいと思います。これは若いから問題のある動画だとか、それなりにいい年になったからまともな動画だとか、そういう決めつけをするわけではありませんが、やはり傾向としては経験の浅い方がそうなるのはどうしても避けられないと思います。本シリーズにおいて第2期で動画名を変更したのも、後続の人が問題のある内容を含む動画を類似の名前で投稿しており度々炎上したことから、勘違いされないようにということで本家が名前を捨てた案件となっております。

動画については赤アメ内でもマナー等について度々議論の上がる内容でして、正直なことを言えば動画投稿が原因で赤アメの運転会が閉鎖に追い込まれる可能性もあります。その動画をうpしたときに同業者に迷惑がかからないか、動画の内容に問題はないか、考えてほしいと思います。また、そういったことが広く考えられない方はまだ動画を投稿すべきではないと私は考えています。(赤アメでもとれいんわーるどの前後で公式が再三注意喚起していますが未だに改善しない方が時々いますね)

【追記】
ちょっと誤解を生む表現になりましたが、動画投稿により赤アメの運転会が話題になること自体はメンバー一同やりがいも感じられますし歓迎です。その内容です内容!
マナー等を守れているものについては今後もどんどん上げてください。


…話がそれましたが、そのようなことがあったためかなり前からシリーズの終了は決めていました。それについて発表が遅くなったことについては申し訳ありませんでした。そのため、シリーズの終了を決定的にするためにも、動画内でレギュラーメンバーだった新1000形を廃車処分にすることにしました。(厳密には他者へ譲渡した形ですが)

ちなみに、廃車した新1000形については代替新造(最近はたくさん京急が発売されるようになりましたね)する予定です。

正直投稿時期をしばらくあけても人気動画としていつもチャンネルの再生数を引き上げるまさに主力動画でした。2012年~2014年の2年間、ご視聴ありがとうございました。2018年1月現在、pokeTVは「Us-Rail」と「プラレール改造記(再改造記も含む)」を新たな主力として引き続き動画投稿を行っていく予定ですので、お楽しみに!
スポンサーサイト


実は水曜日と木曜日はバイトこそありましたが
比較的余力があったので、ただつなぎ合わせただけですが
Feelingsプラレールワールドの予告編を作りました。

第1話~第13話を見てない方にはさっぱり
分からないと思うので飛ばしていただいて結構です。

前半は話の内容というよりは動画の
進化を見ていってほしいと思います。

ところで、役者(プラレール)の大半が
再改造に回されてしまったので、再改造が
完了次第撮影再開を予定しています。

現在のペースだと早期完成は難しいですが、
正月期を乗り切りバイトに余裕が出始めるはずなので
余力ができれば再改造の方を順次再開したいです。

ちなみに、プラレール再開発記 #5から
動画内のSE音源について一部独自のものを採用しました。
順次SEは独自品に切り替えていく予定です。
音源公開の予定は今のところありません。
あとはBGM作曲能力があればね…


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
)

作ってから思ったのは何が甘いんだって話(本末転倒

技術的にも動画的にも、新技術・手法を
出し渋りすぎたかなぁ…とちょっと反省しています。

最近私の動画には珍しくこのシリーズに限り
HD720pではなく従来通り480pなので、
動画編集自体はとても快適でした(笑)

いつもより扱うデータサイズが小さいのであの重い重いと
言われるWindowsムービーメーカーもサクサクに感じたほどです。

ちなみに、このシリーズに関しては最後まで480pで行きます。
いや、別に720pにしようと思えば出来なくもないんですけどね。

散々フラグを立てておいてあれですが、
次回の話へのつなぎだと考えているので台本が酷いです。ごめんなさい。


今回の話は過去話と連動している部分が多いので
過去話を見てないと分からない面もあるかもしれません。
(元々第2期では連動性を重視して製作していますけど)

でも、個人的にはこのシリーズが一番手がかかっていますし
人気も高いので、動画編集という方面においては
非常に学んだことがおおかったと思います。

この経験は次の新作に生かしていきたいです。

…なんだか最終話みたいな雰囲気になってますけど、
最終話は次の第14話~16話なのでお間違えのない様(笑)

大長編と称していますが動画1本あたりの時間は従来と同じです。
全部合わせて普通より長いよね、という意味です。
むしろ容量制限もあるので大長編作っても分割せざるを得ません。

こちらは半年ほど演出やストーリを練っているので
もう少しマシな話に…なるといいなぁ…^^;


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。