http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
みなさんお久しぶりです。
最近更新が途絶え気味ですが
ちゃっかり生きてます(

さて、今回はジョイント部が
かけてしまいやすい坂レールについてです。

素材が他と違いちょっとしたことで
壊れてしまう坂レールですが
我が家でもそれなりに数が増えてきました。

そこで、このジョイントの
修理をすることにしてみました。

以前の工法だと別なレールから
ジョイント部を持ってきて
接合してしまう方法を取っていましたが
時間がかかる上に部品が余るため、
新工法を採用してみました。

fc2blog_20150427082257290.jpg
結論から言うとレジンによる
ジョイント部の復元です。

fc2blog_2015042708283398c.jpg
ですが、この工法だとどうしても
歪みが原因でこのような仕上がりに…

加工をすることで上のようになります。
まだまだ精度向上の余地がある結果となりました。

※簡易更新のためコメントは下のコメントボタンからお願いいたします。


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
それは約3年前、このブログが始まって少し経った頃…。

"将来的に手に入れる方向で考えているので、
今から集めても遅くは無い…はず?"


などと言って集めていたレールがあります。

IMG_0463.jpg
それがこのストップレールっぽいけど
全然ストップできない直線レールです。

…というのは冗談で。嘘は言ってないけど。

これはリターンレールというもので、
往復機能がついたプラレールを往復させるためのレールです。

そんなもの聞いたことないと…?

実は往復プラレールは約30年前くらいに
生産されていた代物で、10年以上生産されたものの
さすがに時間が経ちすぎているため
あまり出回ってこないのです。

こんな前振りをしているので
ほとんどわかってしまったと思いますが…。

IMG_0464.jpg
ついに手に入れました!

"動力不動"ということで格安で手に入れたのですが、
もちろん修理して使える状態まで持っていきました。

ゴムは「これ本当にゴム?」ってくらい
劣化して硬化していたので、カッターで
切り落として代替品をつけておきました。

IMG_0465.jpg
古い製品なので当然スイッチが下部にあります。

一応モーター換装するつもりで
パワーダッシュモーターを用意していたのですが…。

モーターが入っているギアボックスを開ける際に
どうしても軸棒についている金属部品が取れず、
強行突破することもできましたが時間的な問題で
今回はモーターはそのままということにしました。

もう1両手に入れば本格的な改造も考えるのですが、
さすがにこれに手を加えてしまうのはもったいないので…。

IMG_0466.jpg
ちなみに往復プラレールの連結部品は
推進運転を考慮してるのかかなりいかついです。

IMG_0475.jpg
今回はモーター換装は特にしていませんが、
不動ではありましたが状態自体はいい方だったので
純正モーターでもかなり力強く走るようになりました。

約3年前に収集したリターンレールですが、
こちらも貴重なもので、本体を手に入れた時点で
レールも往復可能な最低限の本数(2本)あるのは
過去の自分の判断に感謝しなければなりませんね(笑)

!プラレールに手を加えた場合保証対象外となる
可能性がありますので十分にご注意ください!

この場合古すぎてどっち道相手にされないだろうけど…


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
KC4606520001.jpg
ブックオフのとある店舗で、高架駅専用ポイントだけ
入手したので、逆に専用ポイント欠品の高架駅と合わせて
使おうと思っていましたが、よく見ると左上のジョイントが
欠けていて、レールの接続が出来なくなっていました。

これは高架で使うものですから、ジョイントが
破損しているのは致命的ですし、モールドが邪魔で
セロハンテープで固定するのにも手間がかかります。

KC4606530001.jpg
そこで、いつもの溶接技術を使って、
ジョイント部分の修復を実施しました。

以前、専用ポイントを作成した際の
余りを再利用しています。

※溶接は危険ですので真似しないでください。

修復の際、単純にジョイント部だけを
くっつけるのであれば、ポイント側の加工は
不要ですし、溶接個所も少ないので楽でしたが、
強度を考えると、ポイント側を少し削って、
手前でレールを接続し、一番負担のかかる場所に
溶接個所が来ないようにする必要がありました。

しかし、私はそのひと手間を省いてしまったので、
1回目の接続テストの際にあっさり折れてしまいました。

2回目の溶接ではしっかりと行った他、
あまりの破片を使って補強もしたので、
今度こそ必要な強度は確保できました。

着脱試験、1m落下試験共にクリアしています。

着脱試験の結果、ずれは無く修復出来たので、
これでようやく通常通り使えるようになります。

なお、青のままだと目立つので、現在灰色に塗装変更中です。
私は、ジョイントが欠けている高架駅専用ポイントを
まだ持っている為、同様の方法で修理することになりそうです。

また、似たような症状として、昨年の運転会の際に
「壊れていていらない」という事でぺたぞうさんから
いただいた旧坂レール等も破損しているので、
修復を行い再び使用できるようにしたいと思います。


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。