http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
前回の小田急線ダイヤ改正の記事の続きです。

まず、江ノ島線のダイヤ改正について、気になる変更点をピックアップ。

・朝ラッシュ時の急行を50%増発し、相模大野から快速急行に化ける急行を10分間隔で運転
ついに、優等から優等へ化ける化け急が誕生。それも10分おき!中央林間・南林間・大和の人には朗報です。

・朝ラッシュ時の各駅停車が25%減便
最初これ見たとき、目を疑いました。江ノ島線の各停を減便するという判断をした人は現場を全く理解できていないと思います。この絡みについては後述します。複々線化で便利になると思っていた東林間・鶴間・桜ヶ丘以南の全駅の人たちはさようなら。
この関係で、新宿寄り複線区間に同じく対日中の朝ラッシュ増発がなくなります。

・メトロ直通のロマンスカーが誕生
これは良いことだと思います。なお、運行時間的に江ノ島線の沿線民が恩恵を受けることはないようです。(東京・埼玉・千葉方面からの観光客特化ダイヤのため地元民にとって無価値)

・土休日日中に限り、藤沢~片瀬江ノ島間の運行本数が1.5倍
快速急行が江ノ島へ延長運転をするため、運行本数が1.5倍になります。



これらのことを総合的に勘案した際のダイヤについて申し上げますと、過去で一番悪いダイヤ改正ではないかと思います。昨日の記事では東京都民にうれしいダイヤ改正だと言いましたが、江ノ島線の地元民にとっては大半の駅で逆効果です。
このダイヤ改正が実行された場合に考えられる現象は以下の通り。

・朝ラッシュの有効本数の減少(東林間・鶴間・桜ヶ丘以南全駅)
現状では毎時8本の各停と毎時4本の急行が運転されており、トータルでは12本です。ダイヤ改正後はこのうちの各停2本が急行に昇格して6本ずつの12本となります。…が、現行ダイヤの各停は半分が大和で急行と接続するものとなっており、改正後の有効本数は変更となります。
※有効本数とは…乗車駅から降車駅まで、乗車駅で乗った列車から最速の方法で目的地を目指した場合に、目的地での到着パターンが何パターンあるか、というものです。途中駅で後続の優等に接続する場合、最初から優等列車に乗っていても結果が変わらないため、ダイヤ上は2本でも有効本数は1本ということになってしまいます。

江ノ島線の利用では、中央林間・相模大野から先を目指す利用が多いかと思われます。現行のダイヤでは急行が4本と、急行に接続しない各停の4本で合わせて毎時8本の有効本数があります。が、ダイヤ改正後は全列車大和で接続してしまうため各停はすべて死にスジとなり、江ノ島線の有効本数は毎時6本と現在よりも減少してしまうのです。


4年前にYoutubeで上げた江ノ島線の朝ラッシュの動画でも、混雑していたのは有効本数として数えられる急行に接続しない各停(動画内では5112列車)と急行(動画内では1512列車)で、急行に接続する各停はこのような混雑にはなっていませんでした。

この影響で、トータルでは毎時88両から毎時96両へ輸送力が上がったのにも関わらず、有効輸送力は毎時64両から毎時60両へ減少してしまうという謎現象です。なお、大和で接続するとの表記ですので、大和とそれより先の南林間・中央林間は有効本数は変わらず、急行の割合が増えているためプラスであるといえます。

せこいのは、急行が増えたことで便利になったという印象を与える広告の仕方をしている点です。本ダイヤ改正では藤沢市内は全駅が有効本数減少となり、得したのは大和市北部の急行停車駅だけです。大和市南部と東林間・鶴間では朝ラッシュの本数が25%減便されたことで不便なダイヤとなります。

更に、このダイヤ改正による悪影響はまだあります。

・ダイヤ乱れ時に藤沢がパンクする、江ノ島線北部で積み残しが常態化する
朝ラッシュにおいて10連が10分おきに来るにもかかわらず、藤沢は10連に限れば1線しかないためダイヤが乱れたときに簡単に容量オーバーになってしまいます。また、江ノ島線は5分遅延が起きただけで乗車率が200%以上に到達し積み残しが起こるような路線です。ダイヤが乱れると、藤沢の容量パンクの関係で優等列車はほぼ必ず運休となり、各駅停車のみになります。しかし、各駅停車は25%減便された毎時6本しかありません。 現状、毎時8本の各停のみになった場合でも積み残しを出している路線が、毎時6本の各停のみで捌けるわけがないので、江ノ島線は北部での積み残し常態化が確実だと思います。また、従来滅多になかった南部で積み残しを出すようになる可能性が十分に考えられます。

相模大野・藤沢の線路配置の関係上、増発が困難でかつ、線内に車庫がないので異常時の臨時列車も迅速に手配できないという江ノ島線の致命的欠陥は多額の投資をしないと解決する見込みがなく、当分小田急は無対策のままであると思われます。

・登戸に停車したことによる日中の速達性減少
ラッシュ時は遅くなるのは仕方のないことですが、登戸停車の影響で速達性の効果が薄れることになります。まずそもそも、遠近分離として生まれた種別がなぜ短距離利用がメインの駅に止める必要があるのか。江ノ島線民にとってはこれもマイナスとなります。

…さて、乗降客がわずか2.2万人の栗平に快速急行が止まったり、江ノ島線北部と比較して人口密度が半分程度の街を各停(準急含む)が毎時12本走るのに江ノ島線の各停は毎時6本だとか、江ノ島線の扱いの酷さ。


そして、このダイヤの面白いところはまだ続きます。競合区間についてです。小田急線では複数個所で競合区間があります。

多摩地区→都心部 (対 京王)
小田急は特急の取り上げ・千代田線直通全滅に対し、京王は相模原線特急復活・座席指定列車の運転など、京王が優勢のようです。…というより、競争から逃げ出したという方が正しいのかもしれません。

藤沢→新宿(対湘南新宿ライン)
始発列車の大幅減便(土休日)による座席確保性の低下、朝ラッシュ時の有効本数減少による競争力低下、日中は快急登戸停車による速達性の低下と、ほぼすべての時間帯で何かしらのマイナス要素がつく結果に。ここも競争から逃げ出したのでしょうか…?

小田原→新宿(対JR)
直通列車が25%減便され利便性が低下・快急の登戸停車による速達性低下。この付近の人口を考えると仕方のないことだと思いますが、競争力は低下するようです。

小田原→開成(対伊豆箱根鉄道)
各駅停車が25%減便され利便性が低下します。駅数や本数を考えると、大手私鉄にも関わらず中小私鉄に完敗ではないかと思われます。

大和駅を除く江ノ島線内南林間以南→海老名(対相鉄)
有効本数の減少・各停の減便による多くの駅の利便性低下に対し、相鉄は特急を新設したり増発したりと、利便性の向上に努めています。この区間であれば基本的に小田急経由の方が安くなりますので、現状は小田急の利用者が多いです。(大和駅で降りる場合は、接続待ちがないので有効本数は減りません)

思いつく限りの競合区間では、すべての区間で競争から逃げ出す形となっています。今回のダイヤ改正で得するのは伊勢原以北の小田原線沿線、特に複々線区間であり東京都民が最も優遇され、そのおこぼれを伊勢原までの沿線が受けるという形になりました。

そのため、多摩線・江ノ島線・小田原線末端部は完全に見捨てられた形となり、かなり不公平感の強いダイヤになってしまったと感じます。また、かなり優等に寄ったダイヤとなり、通過駅と停車駅での格差が異常に大きなものとなってしまいました。観光客に特化した面も強く感じられ、地域利用は無視した京急型(或はJR西日本型)のダイヤだと思います。

複々線の距離・観光的立場から考えると小田原線は東武型、沿線の人口密度や利用形態、路線事情から江ノ島線は東急型、多摩線は競合の意味で京王型のダイヤを採用すべきだと思うのですが…。
特に多摩線は「大手町まで1本」で住居を売り込んでいただけあって、かなり悲惨だと思います。
都心回帰と、小田原線万歳の体制が見えたダイヤ改正でした。

個人的には都心部毎時27本とかはうれしいですが、前回のダイヤ改正は「光と影がある」というような表現をしたのに対し、今回は影というより少量の光を目立たせるための闇ばかりなイメージです。広告は非常にうまくアピールしていると思いますが、実際の利用状況がどうなるかは未知数です。「競争力が向上」とニュースはどこも報じていますが、少なくとも私はそうは思っていないです。
2018年3月、小田急線がダイヤ改正を実施します。

数が多すぎて書ききれないため、詳細はご自身で確認していただくのがいいかと思います。
小田急 ダイヤ改正 PDF
※リンク切れになっている場合がございます。

正直、驚きました。個人的に気になる変更点をピックアップ。
なお、個人的に良い点は青、悪い点は赤で記入しています。

~小田原線新宿側複線区間~
・朝ラッシュ時優等通過駅は現行の毎時9本から毎時6本へ33%減便
前から不安視されていたことでしたが、緩行線が千代田線に流れているため本数が減少します。私はてっきり区間準急をこの区間各駅停車の準急として復活させるものだと思っていましたが、そのような救済もなく日中と朝ラッシュの本数が同じという憂いなき目に遭うことになりました。

~小田原線複々線区間~
土休日日中に、特急含め毎時27本運行(現在の平日朝ラッシュ並)
土休日日中に、
特急3本
快速急行6本(江ノ島線と小田原線が交互)
急行6本(多摩線と小田原線が交互)
準急6本(全列車千代田線直通) ※うち3本は成城学園前以東
各駅停車6本
が運行されます。

私鉄としては恐ろしい輸送力となります。
複々線化の資金を提供した東京都は最大限恩恵を受けられます。

緩行線を走る優等列車が誕生(推定)
準急が狛江に停車するほか、成城学園前~経堂は各駅に停車するようになります。
停車駅から見て、JR西日本の快速のごとく緩行線を走る優等の誕生と思われます。

>・通勤急行・通勤準急が誕生
どちらかといえば、現在の準急のような停車駅の通勤準急と、向ヶ丘遊園停車・登戸通過の通勤急行が誕生し、西武を彷彿とさせる千鳥停車が実現します。

快速急行が登戸へ停車
遠近分離の要だった快速急行が登戸に停車し、本来の目的を放棄。登戸だって急行が毎時6本来るので通勤急行を停車させて快急は通過で良かったと思っています。ロマンスカーの海老名停車もそうですが、不要な駅に止まり過ぎ。

~小田原線相模大野~登戸~
・朝ラッシュ時、現行では毎時9本の優等通過駅が、最低毎時12本に増便
各停・準急ともに増便となります。

・朝ラッシュ時、快速急行が毎時12本へ。(現在毎時1~2本)
えぐいほどの大増発です。登戸停車の恩恵だと思いますが、朝ラッシュに無理に快速急行を走らせるために登戸に停車させたのであれば微妙かもしれません。

・深夜帯に町田発相模大野行が誕生
その駅数、1駅の超短区間運用です。

~小田原線相模大野~新松田~
・千代田線からの準急が伊勢原まで運転
おそらく、各停の折り返しで本厚木がいっぱいなので準急が伊勢原まで延長運転する形と思われます。

・ロマンスカーに海老名・本厚木の両方停車する便が誕生
もはや急行と変わらないロマンスカー…。海老名は通過でよかったと思います..

~小田原線新松田以南~
・優等・各停ともに25%減便
このあたりは新宿口と違って人口が少ないので仕方ないですが、現行の毎時4本から毎時3本に減らされます(優等・各停ともに)。
人口が減っている以上は仕方のない改正だと思います。

~多摩線~
・夕ラッシュ時(?)快速急行が新たに設定
待望の快速急行が設定されました。

・新宿行の急行が毎時3本新設
従来新宿に行きづらかった多摩線から新宿へ行きやすくなります。

・多摩急行消滅
急行と1駅しか停車駅が変わらなかったので分かりにくくするだけでした。

・まさかの千代田線直通列車が全滅
今まであれだけ千代田線直通列車が運行され、10連化対応なども済ませたことからこれからの千代田線直通は安泰だと思われていましたが、まさかの消滅のご様子。
「大手町まで1本」という謳い文句を信じてお家を買った人が多くいるであろう中で、これは今までにないクラスの減点かと思われます。思えば特急を取り上げられ、都心直通を取り上げられ、多摩線はダイヤ改正のたびに見捨てられる一方で可哀そうになる程です。京王との勝負はどこへやら。

~江ノ島線~
別途記事を組みます。
→「ダイヤ改正による江ノ島線への影響と競合区間の動向

全体的に、お金を出した東京都内が便利になるような内容の改正でした。
神奈川県側はお金を出していないわけですから、ある意味で妥当なのかもしれません。その方面ではね…。

江ノ島線については別途記事を組んでいますので、上のリンクを参照してください。
2016年3月26日、小田急が大きく変わります。要点だけまとめると…
※悪い点は青字になっています。

~小田原線系統~
・日中の快速急行が倍増(相模大野~新宿間が毎時3本→毎時6本へ)
・小田急、メトロ、JRの3者相互直通運転開始
・日中の新宿発車のロマンスカーの時刻を均一化
・ロマンスカーの海老名・伊勢原停車
・区間準急廃止に伴い、一部の優等通過駅が毎時8本→毎時6本へ減便

~多摩線系統~
・登戸・向ケ丘遊園等の小田原線・江ノ島線系統急行の快急格上げに伴う本数減の救済措置として日中の多摩急行が急行へ格下げ
・千代田線直通列車の大増発

~江ノ島線系統~
・江ノ島線が快速急行で統一され、間隔を均一化(快速急行毎時2本+急行毎時1本→快速急行毎時3本)

小田急利用者としては、やはり快速急行の大増便は嬉しい話です。まぁ、良い点に関しては小田急電鉄が散々宣伝していますし、ここでは割愛します。また、プレスにも載っている悪い点に関しても上で書いたので省略します。(リンク切れを防ぐためプレスへのリンクは掲載しません)

ここでは、プレスに載っていない、小田急のダイヤ改正の影の部分についてご紹介します。まぁ、直接私には関係ありませんが、たまたま見つけてビックリしました。

本題に入りますが、新百合ヶ丘以西は日中の急行取りやめということになります。小田原線は優等が10両に統一されることで、6両の優等がなくなるため、開成~足柄間の各駅は実質優等停車取り上げということになります。江ノ島線も同様の理由で、南林間と長後、本鵠沼、鵠沼海岸の4駅が実質優等停車取り上げという形になります。

優等中心だった小田原線と異なり江ノ島線は従来から短距離需要が高く各停が主力の路線のため、正直1時間に1本しかない急行がダイヤ作成上のネックとなり、主力の各停の間隔がバラバラになるという状態でした。今回はこの江ノ島線を取り上げます。

2015-3-14小田急
↑南林間駅の2016年2月時点での時刻表

ご覧のとおり、間隔が12分開く場所もあれば8分で来る場所もあります。江ノ島線内の駅によっては13分間隔か7分間隔が混在している駅すらあるようなお粗末な状態です。しかも、優等列車(急行と快速急行の合わせて3本)が20分間隔で来るのではなく、快速急行の運行間隔が30分で、その片方の間に急行を入れ込むという、全ての列車の間隔がもの見事にバラバラで、相模大野での接続もお世辞にもパターン化されているとは言えませんでした。

そもそも、ラッシュ時やその前後なら間隔にムラがあるのは仕方ないのですが、日中のパターンダイヤでこのように大幅なムラを作る小田急のダイヤがどうしても好きになれませんでした。

具体的にいえば小田原線の各停は9分~11分間隔で比較的ムラが少ないので、相模大野で江ノ島線の各停が小田原線の各停との接続を取るか否かが時刻を見ただけで判断できないのです。よって、接続があると思っていたらなかったり、逆に小田原線各停を延々と待ち続けたり…。相模大野駅だと基本的に電光掲示板に接続の有無は表示されないので、余計にややこしいです。まず、各停と各停が接続するのもなんだかなぁ…と思うところはありますがそれは今回は置いておきましょう。

長い前置きはともかく、日中の江ノ島線優等列車が快速急行に統一され、しかも20分間隔になる!
これを聞いたとき、私はものすごく歓喜しました。優等がパターン化されるということは、江ノ島線のダイヤを乱していた原因がなくなるため、ついに間隔のムラが是正されると考えられるからです。

ニコニコ顔で新しいダイヤを見てみることにしました。

2016-3-26小田急
↑ダイヤ改正後の素晴らしすぎる南林間の発車時刻表

ファッ?!

_人 人人人人人人人人人 人_
>ダイヤ改正前よりも悪化した<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


均一化を確信し喜んでいた私の感動を見事に打ち砕く、ダイヤ改正前以上のグチャグチャなダイヤ。

快速急行は毎時3本です。各停は毎時6本です。どちらも3の公倍数なので、1時間でパターンダイヤになるのは明白――だと思っていました。

快速急行は20分間隔で走るのに!各停は、まさかの毎時5本と毎時7本が交互
どうしてこうなった!!そこには期待を裏切らない小田急の姿が――。

それぞれの間隔がパターン化されていないのは小田急江ノ島線ではもはや伝統でした。
まさか、近年当たり前となったパターンダイヤすら捨てるとは(滝汗)
小田急の今回のダイヤ改正、新宿駅などは「一の位がX分のとき、OOが出る!」というような覚え方ができるようになり、分かりやすくなったことが強調されています。

南林間は―――?

ダイヤ改正前は1時間分まるごと覚えれば一応パターン化されていました。(それでも大変ですが)
ダイヤ改正後は2時間分まるごと覚えないとパターンになりません(ゝω・)v
※断っておきますが、江ノ島線内でも1時間でパターンダイヤになっている駅も存在します。このような例は特例です。

すごく疑問に思います。快速急行は毎時3本20分間隔で統一されているのに、各停はなぜ3の倍数ではない毎時5本や毎時7本という数字が出てくるのか?もはや意図的にやっているのではないかと思ってしまいます。

最も、私は南林間はあまり使わないので直接関係はないのですが、実質優等停車取り上げとなる不遇な南林間駅。せめて各停だけでも、均一化してあげればよかったのに…という気持ちが拭えません。京急なんてあんなに変則的な運転しているのにピタリとそれぞれの系統が10分間隔で運転してますしね。

本記事では、この改正の所謂"穴"をついたものであって、地下鉄のように各停だけで分岐もないくらいシンプルでもない限り、必ず穴はできてしまうものだと私は考えています。なので、かなり悪いような書き方をしていますが個人的にはダイヤ改"正"だと思っています。けれども、良いところがたくさん取り上げられるダイヤ改正の中でも、こういう穴があることを取り上げた記事がひとつくらいあってもいいと思い、ご紹介しました。

一部の駅を除いて、ますます便利になっていく小田急線。今後とも注目していきたいと思います。最近は京急や相鉄でも車両面で大きく話題になったりしているので、そちらも合わせて楽しめればなぁ、と思いました。

P.S.
私鉄各社が発売しているXX東京メトロパスが、100円程度値下げされるようです。ますます便利になる東京へのおでかけ、これから楽になりますね。

※お断り
記事内にも書いてありますが、今度のダイヤ改正を批判する目的で書いたわけではありません。あくまでも話のネタとして取り上げたものだということをご理解ください。



コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。