http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
20170709_093423032_iOS.jpg
大学の設備を借りて使ってた3Dプリンターは高価で手が出ないということで、安いものを購入。…とはいえ、値段を追及して後悔はしたくないので自分の要求に見合った性能を持った中でお手頃な物を探しました。お値段は8万弱。

が、組み立てや取扱い説明書がPDFデータになっていたので印刷したら50枚に及ぶエライ量の説明書が印刷され、しかも中身が完全に英語で、まずは日本語に訳すところからスタート。やっとの思いでプリンタを組み上げるも予定した場所にはギリギリ不適だということで、プリンタを置ける台もサクッと制作し、ついでに直上にも物を置ける構造としました。

今回も大学のプリンタと同じFDM方式の3DプリンタでQIDIテックというところが出している機種を買いました。プリント可能サイズが大学のものと同じなので、データの流用が可能です。また、デュアルヘッドのプリンタとしてはこれが一番低い価格帯です。

20170711_191322732_iOS.jpg
何かと調整を済ませ、早速試運転。

正直説明書がすべて英語なので、大学である程度会得していた3Dプリンタの知識を使った部分がいくつかあり、恐らくはその経験がなければ試運転まで辿り着けなかったと思います。

また、現在は専用のシートを使用していますがいかんせん印刷物をはがすのが大変ですしランニングコストもかかるので、大学のものと同様の改造を後々施そうと思います。(そういった方面で先生がいるのは心強いですね)

さて、試運転の結果ですがもの見事に失敗。
ガッガッガッという変な音とともに左のノズルが詰まりました()

まぁ、不適切な設定にしていたのが原因ですが…。(分かってたけどとりあえず動くか見たかった)

20170711_195715534_iOS.jpg
早くも分解修理する羽目になりました。
(上の写真と比べればわかるかと思いますが、ファンが取り外されています)

適当にほじくったり、この状態で加熱したり(印刷せずに加熱だけする機能がある)してみて、なんとか異物を除去しました。

20170711_201338783_iOS.jpg
きれいに取り除かれているのが分かるかと思います。

20170711_200755768_iOS.jpg
写真中央の歯車が回転して材料を押し出していくのですが、3Dプリンターはここに詰まることが多いので詰まる前にカスなど定期的に吹き飛ばした方がいいと大学の人には言われていましたが、まさかこんな早く役に立つとは(笑)

20170711_201600559_iOS.jpg
取り出した異物
詰まってからできるだけ早いこと対処した方が楽になります。

20170711_201356189_iOS.jpg
ちなみに、大学のものにはついていなかったのですが、うちで購入したプリンタにはLED照明がついているので修理や印刷物の確認がよりしやすくなっています。

20170711_200827877_iOS.jpg
逆に、大学のものは扉がフリーストップだったのに対し、こちらはその機能がないので、扉を上に開いても重力で落下して閉まってしまうので、せめて全開時に扉を保持できるよう、ネジ部分にネオジム磁石を取り付けてみました。

このおかげでくっつけただけですが、ネオジム磁石の力で全開時に扉が落ちてこないようになっています。基板までは十分な距離があるので本体への影響は問題ないですが、迂闊にスマホを近づけるとやばいので、それだけ注意したいです。

この修理は将来の自分へ向けてメモ書きの意味で書いたものですが、もし同様の事例で困ってる人がいたら適当に参考にしてください。
長らくご無沙汰しておりました。

現在は就職活動の最中で、毎日ギリギリの生活を送っていますが、そろそろ更新しようと思ったのでこの記事を書くことにしました。

さて、少し前の記事で3Dプリンターに手を出したことはお伝えしましたが、我が家の主力PCはレッツノートというノートPCで、CPUは第4世代Core i7(デュアルコア1.8GHz)ですがウルトラ省電力版でグラフィックはオンボードなので簡単な編集なら可能とはいえ重いデータとなるとしょっちゅうフリーズしておりました。

一般的にPCの中で最もマシンに負荷をかける作業が動画編集と3DCG(CAD)でそもそも無理がある話でした。

また、私はiPhoneを使っているということで本来であればMacの方が連携などの機能が使いやすく、重い負荷をかけることが多いyoutuberさんがよく使ってるiMacを購入することにしました。(とは言え、iMacは一体型なのでCPUはデスクトップ版の省電力版なので完璧ではないです)

で、早速本題に入りますがiMacはApple製品なのでとにかく高いんです…。で、新品は無理なので中古を狙うことにしました。

それで見つけてきたのが第2世代Core i5(クアッドコア2.5GHz)のCPUを搭載したiMacです。第2世代のCPUは評価が高く、現在の最新は第7世代ですが第2世代以降はCPUの成長率が鈍く、十分メインとして使えると判断したのが決め手です。


新しいiMacを迎えるにあたって、前所有者がキーボードとマウスはご自身でご用意してくださいと言ってたので、新しく購入しました。


さすがにワイヤレスは高いので普通のタイプです。


あと、Macに慣れていないこともあり有線の方が確実と判断したこともあります。キーボード側面にUSBポートが付いていて便利です。高いけど。


マウスに関してもケチるために以前購入したサンワサプライ製のタッチマウスにします。興味半分で購入したままほぼ使っていなかったので…。というか、見た目ほとんど同じだし大差ないと思います。こちらはUSBの受信機があるので接続設定不要。


必要なのかはよく分かりませんがトラックパッドも高いのでとりあえずペンタブで代用。そもそもマウスがあれば必要ないと思いますが…。


さて、届いたiMacを起動してみるも起動するのはなぜかWindows。OS選択画面を起動してもMacの文字が見当たらないし、Appleロゴが表示されたまま動きません…。

落ち着いて確認すると、MacOS Xがインストールされていないことが判明(商品説明にそんな記述はなし)。これではMacを買った意味がないので慌てて再インストールを試みるもエラーが出てしまい、調べると「ご利用のAppleIDで当該のMacOSを購入した履歴が無いとインストールできない」というような旨のページが何点か見つかり、ヒヤヒヤ。


で、色々やってるうちに なぜか 再インストールに成功してようやく起動できました。AppleID云々のくだりは何だったのか…。

ですが、OSのバージョンがLionで古いので即最新のSierraまでバージョンアップしました。こういうのは一度使い始めると互換性の問題でなかなかアップデートしにくいのでいまのうちに上げておきます。

前所有者は中古で購入したものの使わなかったと言っていたのでおそらくこのインストール辺りの問題で詰まってやむなく転売する羽目になったのかなぁと推測。そのおかげで安く買えました。

スペックは
21.5インチ液晶モニタ
第2世代Core i5(クアッドコア2.5GHz)
メインメモリが12GB(自力で増設)
グラフィックはRadeon HD 6750M
HDDドライブが250GB(+250GB)

HDDの容量に不安が残るので外付けHDDも追加しました。ちょうどレッツノート用にも買おうと思ってたので共用します。+250GBとなっているのはWindows用の領域で、今後デュアルブートします。今はパスワード不明の7が入ってるので使い物になりません()


というわけで、iMacの購入記事でし…

はい。無いと言われていたはずのマウスとキーボードがなぜか付属していたのでダブるという悲惨なことになりました。

場所としても仮置きで、パソコン用のスペースを作ったのでまたDIYでデスクを作ります。このままだと撮影台が使えませんので…。
先日、購入レビューを行ったダブルカメラ付きドクターイエローでしたが、映像の送信は私が持っている既存のカメラカーと同じくiOSかAndroid端末が必要となります。

一応、我が家にはiOS端末1台とAndroid端末が1台あるわけですが、iOS端末はiPhone6なので画面が小さいです。でも、運転会では大きな画面を使いたいし、せっかくカメラカーが2台あるので端末も2台欲しい。

そこで、またも新たなタブレットを購入することにしました。

過去に買った9000円程のWindowsタブレットは正直ハズレでした。
そこで、その次は白ロムで約4万円かけて「docomo Fujitsu ARROWStab F-03G」を購入。
その後、レッツノートの修理中の予備として約2万円で「TOSHIBA Dynabooktab S50」を購入。

もうすでに、タブレットにトータルで7万円近く使っており、これ以上予算をかけたくないと思いました。また、次に買うタブレットはあくまでもカメラカー用の予備であるため、メイン機として使うほどのスペックは要求しないことにします。ただし、一番最初のWindowsタブレットの反省から聞いたことのないメーカーは無し。

というわけで、購入に当たって考慮した条件は下記のとおり。

・Android端末であること
・国内メーカー品であること(出来ればSHARPかSONY)
・docomoの端末であり、型番の末尾がEの商品であること
・前所有者の購入から3年以内であること
・タブレット本体にかかる金額は1万円未満とすること

20161119_173334698_iOS.jpg
というわけで、条件に一致させつつ約9000円で購入したのが題名にもあるSO-03Eです。

「docomo端末で型番の末尾にEが付いている3年以内のもの」というのにこだわったのは、この条件を満たした端末はdocomoにて修理代金が最大で5400円しかかからないためです。(要ドコモ回線)
既に3年前に終了してしまったサービスですが、サービス終了前の商品に対してはたとえ中古でも条件を満たせば有効という本当に有能な補償サービスが存在します。

もう、買った直後にドコモに5400円課金して修理に出すことで、「メーカーによる整備済端末」が、運が良ければ「新品」が手に入るということで、これは利用しない手はないでしょう。迂闊に新しい端末に手を出すよりもこの方が安くて良いものを入手できます。

20161119_173416388_iOS.jpg
クレードルやケース、フィルムなどは別で用意しているのでそれ含めトータルでは1万5千円程度でしょうか。3年前に終了したサービスを使うために、3年前の端末を購入する形にはなったものの、SONYのXperiaは比較的スペックは高いですし、そもそも3年前からはそこまで性能面では進化していないので良い買い物をしたと思っています。ただ、Androidのバージョンが4.1とOSだけはかなり古いと感じるものであるため、そこだけ気にはなります。

20161119_012819088_iOS.jpg
ちなみに、後日修理に出したタブレットを受け取りに行ったところ、すごいことをドコモの店員さんに言われました。(写真は赤アメオフ会へ向かっている途中都内で撮ったもの)

「修理費はかかりませんでした」

保証書なし。保証期限切れ(1年以上経ってる)。しかも中古品。
こんな条件にも関わらず、なんと無料で修理していただきました。
5400円払う気満々だったのにね。

本来修理費を入れていたらトータル2万円程度かかっていたはずでした。
ドコモ回線があるっていうのもあるでしょうけど、ドコモさんの神対応に感激でした。

というわけで、これからはコイツにも運転会で活躍してもらいたいと思います。
富士通、東芝、ソニーと国内の主要端末メーカーはほとんど制覇しているので、今度は残るシャープ端末をどこかの機会で入手したいですね。

【追記】2016.11.21
本記事において一部おかしな記述があったため修正しました。
記事番号1005~1017までを、簡易更新から通常更新に格上げしました。



コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。