http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
早速発売になったドクターイエローのカメラカー。値段が高いだけに、踏みとどまる親御さんも多いかと思います。

当方では既にSONY製のカメラを搭載したカメラカーを独自に製作しておりますが、後で後悔しそうなので購入することにしました。

発売直後は高いですので、値崩れしたら…と
思っていたら思いの外早く値下げされたので
私用のついでに早速ヨドバシ横浜へ。

この時期なのでハンバーガー貨車をゲットしようと画策しましたが、横浜は既に在庫切れで、仕方ないので在庫があった町田に行きました。

横浜から町田の移動中に更に500円の値下げがされたので本当に得をしました。


プラレールにしては不安になるほどの薄さです。

初代のカメラ付きドクターイエローの値段を考えると今のインフレ率的に20000円台に届いても不思議ではないですが、10000円ちょっとという値段になった今作、タカラトミーは非常に頑張ったと思います。


蓋を開ければ納得、本当に車両しか入っていません。


初めの印象としてはとにかく車長が長いということです。


京急と比べてもこれだけの差があります。


中間車は完全に電池スペースのようです。

ただ、個人的に気になったのは車体上部についているスイッチを操作してもモーターは止まりませんでした。(ギアがズレて動かなくなるだけで、モーター自体は回り続ける仕様)

たしかに遠隔操作が前提なので、動力ギアのスイッチと電気スイッチを分離させてもさほど問題はないですが、空回りさせるのはモーターにはよろしくないのでちょっと気になりました。

また、この商品はペアリングが難しい上に説明書も雑だったので注意が必要です。需要があるかは分かりませんが、メモしておきます。※事前にカメラカーの床下スイッチをオンにしてください。

ペアリングの方法
1.初めに、スマホのWi-Fi設定で初期設定されている「TOMY_WIFI_PLARAIL(以下固有の文字列)」にWi-Fiを繋げる。

2.専用のアプリを起動する。

3.専用のアプリのコントロールモードを起動し、希望のSSIDを設定する(多少短い方がいいと思います)

4.再度スマホのWi-Fi設定で、先程指定したSSIDを「手動で」打ち込む
※3の操作を行ったあとはステルス化されるので自動検索では出ません。

5.再度専用のアプリを起動し、コントロールモードにする

6.カメラの映像がスマホに表示され、遊べる

ここで、注意が必要なのは1の段階でつまずいた場合です。私もそうでしたが、この場合先頭車が熱暴走してる可能性が高いので一度涼しいところにしばらく置いて冷やしてください(冷蔵庫はダメです)
それでもダメな場合は、電源が入ってる状態でリセットスイッチを長押ししてください。

あと、4でつまずいて繋がらない方も多いのではないでしょうか?ステルス化されるので必ず手動でSSID(3で設定した任意のSSID)を指定して検索しないと出てきません。

このあたりがややこしい割に説明書はさらっと書いています。


パッと触った感じはとても面白そうです。さすがに1万円そこそこで遠隔操作機能まで付けている製品なので文句は言えませんが、画質に関しては自作しているカメラカーの方が上でした。

ただ、こちらは運転席の合成や天候の変更を行えたり、マスコンと連動したりするなど、楽しさを追求する意味では非常に優れた製品であると思います。(ちなみに、公式の広告だとマスコンが必要なように感じますが、マスコンがなくてもスマホから車両の停止など遠隔操作できるので、単独でも楽しめますよ。)

なお、逆にスマホがないと正直何の役にも立ちません。多少車体長が長いだけで通常のプラレールと同じです。ガラケーご利用の方にはマスコンはやぶさの方がオススメです。


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
関連記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://pokebuizu.blog.fc2.com/tb.php/1007-412647fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック