http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
KC460948.jpg
先日の運転会に持って行く事を最大の目的としたため、
分解が可能な設計ということで制作しました。

架線柱はプラレールではない別の玩具のものを用意。
そのままだとプラレール規格から見ると小さすぎるので
2個使用してプラスチック溶接し、大型化しています。

※溶接は非常に危険ですので真似しないでください。

KC460951.jpg
肝心の架線はこのようになっています。

上部の線はスズメッキ線を使用しています。
下部の線はピアノ線を使用しています。
上下の線をつなぐ部分にはスズメッキ線を使用。

接続箇所は半田付けによる溶接で固定しました。

今回はこのようになりましたが、スズメッキ線は
加工が容易過ぎてすぐに曲がってしまう事、
ピアノ線は逆に硬すぎて加工性に難があるので、
量産する時には上下ともにアルミ棒を使いたいと思います。

(上下の線をつなぐ線には従来通りのスズメッキ線を使用)

なんと、架線1個作るのに30分~1時間程度かかります..

KC460950.jpg
架線柱側の設備もリアル化しようか考えましたが、
持ち運ぶのが前提なのと、時間の関係で、簡単なものにしました。

架線の先端を、架線柱のフックに
ひっかける事で架線を吊るすことができます。

KC460949.jpg
たくさん並べる際は2個同時にひっかけます。

架線自体は金属ですから、電気を流せば架線集電方式も可能です。
1か所に電気を流せば架線がつながってる限りは電気が流れますが、※1
パンタグラフが架線柱直下のつなぎ目に対応できるかが課題です。

※1架線1個1個に電気を供給する必要はなく、フックやその他の設備が
すべて金属であるため、吊るされてる限りはかならずどこかが
接触しているため、電気の供給は1か所で大丈夫…という具合です。


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
関連記事
コメント
Re: セクションの作り方
chiko ryo 様

今のところ、独自の方法で量産する方法を模索しています。
この方法だと量産が厳しいので・・・。
2014/07/09(水) 01:40:00 | URL | purapoke #-[ 編集 ]
セクションの作り方
架線のセクションづくりは意外と簡単です
>=<
↑このような形つなぎます。
すみません、国語力がなくて...
エアーセクションのイメージをするとわかりやすいかと...
2014/06/22(日) 16:29:41 | URL | chiko ryo #GleqMtLI[ 編集 ]
Re: 架線集電
肉じゃが 様

貴重な情報をありがとうございます。

私も当初はストロー等を用いて簡易的に
架線集電を実施しようと考えていたのですが、
最近のリアル志向に合わせて架線集電も
それなりのリアリティを持たせたいと思うようになりました。

そこで登場したのが今回の架線で、
パンタグラフもHOゲージ用のものを
利用することになると思います。
2013/06/23(日) 20:44:02 | URL | purapoke #-[ 編集 ]
架線集電
ぼくも、架線集電やってみたことあります。
レールの部分に金属板を片側に貼り付け中間車にクリップと金属板を合わせて作った集電器具を取り付け
パンタグラフも簡易的にクリップで作ったもの架線は金属線をが使用したものを使いました。
電池2個での走行試験を行った結果上々な走りを見せてくれました。
参考になるかわかりませんが、一応報告させていただきました
2013/06/23(日) 00:21:44 | URL | 肉じゃが #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://pokebuizu.blog.fc2.com/tb.php/611-e7383af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック