FC2ブログ
http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
)

作ってから思ったのは何が甘いんだって話(本末転倒

技術的にも動画的にも、新技術・手法を
出し渋りすぎたかなぁ…とちょっと反省しています。

最近私の動画には珍しくこのシリーズに限り
HD720pではなく従来通り480pなので、
動画編集自体はとても快適でした(笑)

いつもより扱うデータサイズが小さいのであの重い重いと
言われるWindowsムービーメーカーもサクサクに感じたほどです。

ちなみに、このシリーズに関しては最後まで480pで行きます。
いや、別に720pにしようと思えば出来なくもないんですけどね。

散々フラグを立てておいてあれですが、
次回の話へのつなぎだと考えているので台本が酷いです。ごめんなさい。


今回の話は過去話と連動している部分が多いので
過去話を見てないと分からない面もあるかもしれません。
(元々第2期では連動性を重視して製作していますけど)

でも、個人的にはこのシリーズが一番手がかかっていますし
人気も高いので、動画編集という方面においては
非常に学んだことがおおかったと思います。

この経験は次の新作に生かしていきたいです。

…なんだか最終話みたいな雰囲気になってますけど、
最終話は次の第14話~16話なのでお間違えのない様(笑)

大長編と称していますが動画1本あたりの時間は従来と同じです。
全部合わせて普通より長いよね、という意味です。
むしろ容量制限もあるので大長編作っても分割せざるを得ません。

こちらは半年ほど演出やストーリを練っているので
もう少しマシな話に…なるといいなぁ…^^;


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
既にラムミィより3月11日うpという情報が出ておりますが
ここらで少し現時点での情報をお送りしたいと思います。
現在作業的には10%程度進んでいる感じです。

正直遅れてしまうのではないかという懸念があったり…。

それはともかく、既にトップページでも
掲載しておりますが、Youtubeや二コ動に関して
視聴者の皆様にお願いがございます。

1.最新情報は常にブログに掲載しております。
今のところ、すべての場所で対応するのは難しいため
当方としては広報はブログに統一したいと考えております。

そのため、最新話のアップロード予定などは
ブログでご確認いただきたいと思います。

※なお、最新情報伝達場所については、
ホームページが完成次第そちらに移行します。

2.Youtubeで関係のない動画に
情報公開を求めるコメントはご遠慮ください。

最近、特にYoutubeにおいて小田急の走行動画など
Feelingsプラレールワールドとは関係のない動画に
「第13話まだですか?」という旨のコメントが多数見受けられます。

申し訳ありませんが、私はその場で答える気はありませんし
何よりも、シリーズを知らない他の視聴者様にとっては
当該コメントが謎のコメントということになってしまい、
コメントを付けづらくなる等の問題が発生しますので
そのようなコメントは控えていただくようにお願いします。

何らかの理由でブログから最新情報を入手できない等の場合、
Feelingsプラレールワールドの最新話に質問コメントを
つけていただくようにお願いいたします。

※なお、コメントが動画に付いた場合必ず目は通しております。
私の動画アカウントの最新動画にコメントを付ける必要はありません。

3.コメント欄での"勧誘"も出来るだけご遠慮ください。
時々、動画のコメント欄で自身の動画等の勧誘を
されている方がおりますが"他の視聴者様のために
掲載する場合"を除いてご遠慮いただきますようお願いいたします。

明らかに「自分の動画を見て感想が欲しい」という
意図が取れるコメントである場合、これを
送られた側の立場を考えるとあまり好ましくないです。

また、それに起因する別動画の感想を私の動画コメント欄で展開されても、
2と同じく視聴者様がコメントしづらい雰囲気になってしまい困ります。
(過去に何例かありました。)

もちろん、コメント欄は自由な方がいいと思いますけど、
様々な視聴者様が快くコメントできるようご協力をお願いします。
(なお、今後これらのことが守れていないコメントがあっても
視聴者の皆様は反応しなくて結構です。スルーでお願いします。)

また、もし心当たりのある方は次回以降
注意していただけると幸いです。

最後にひとつ、今回色々と書きましたけど、
深刻な荒らしや喧嘩にまでは至ってないので
そのあたりはとても平和でいいなと思います。


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
休止中…と言いながら割と定期的にうpしてないか!?
というツッコミはさておき…



番外編をうpしました。

時間はいつもよりも大幅に長い
19分と、20分近い構成です。

4分くらいを境に前半と後半が分かれていて
前半はニコ動のコメ返し、後半は
第12話の補足エピソードということになります。

今回、補足エピソードですが
第12話投稿時点で既に決まっておりました
過去の出来事を中心に物語を構成しております。

第12話の補足なので当然ホラー物です。
ホラーが苦手な方の為に、このおまけエピソードは
見ていなくても第13話への導入へは差し支えない
仕様になっておりますのでご安心ください。

第12話については現段階の方針だと見ないのは
本編的には多少差し支えありますが、
第13話開始直前にホラー系が苦手な人でも
大丈夫な程度の前回のあらすじを挿入しますので
こちらも見なくても差し支えないです。

第12話の設定を中心とした物語ではありますが、
再生時間の関係で少なくとも20分以下に抑えるため、
これでも当初の予定よりも大幅にカットした内容に
なっておりますので、まだ謎になっている部分も
少々含まれているので、ここで文章として書いておきます。

以下ネタバレの為要反転(ドラッグしてください)
第12話のホラーゲームと同じだったという点

過去に起こった出来事は完全に解決しますが、
この点については一切触れられておりません。

これはなんだったのかという話です。

これは、旧線に迷い込んだとある
ゲーム製作のクリエイターが絡んでいます。

新しいゲーム製作に悩んでいた
とあるゲームクリエイタ―は、
仲間を連れて数名で散歩していた。

ところが、旧線の霊に引き寄せられてしまい、
旧線で無念にも過去に殺された霊から
生きてるクリエイターらは逆恨みされてしまい、
1名を除いてその場で散って行ってしまった…。

残されたクリエイターは、仲間たちのことを
どうにか社会に残すことで弔おうと考えた結果、
あったことをほぼそのままゲーム化することで
後世に伝えようとした。

ゲームの元ネタは本当にあった話だったのだった…。
従って、ゲームとほぼ同様の内容が
起こるのは必然的なことだった…。

動画内でもたびたび出てきた手について

嫉妬心に心を乗っ取られていた霊たちは、
過去に関係のないひとをとり殺したことを反省していた。

そして、むしろ再び迷い込んだものを
そこから追い出すことで、生きてる者を
暴走しているかいそくでんしゃから守り
それで過去に犯してしまった罪の
罪滅ぼしをしようと考え始める。

その結果の行動があれであった。
あれは脅かしていたのではなく、
実は必死に元の新線に押し戻そうと
霊たちが必死に押していたのである。

ところが、過去に誰かをとり殺すなど
霊的な力を使ってしまったことで、
その霊たちにはほとんど余力が残っておらず、
押し戻すには力が足りなかった…。

しかも大半は霊感のあるものでも
見れない/話せないほどにまで衰退していたので
話しかけることさえできなかった…。

こうした霊たちの存在がクリエイターが
迷い込んだ際は無かったために、起こる事象にも
多少の違いが発生しており225系0番台は作中内で
「こんな演出あったかな」と発言している。


ちなみに時々聞かれることですが、
この動画のエピソードに関して参考にしたものはなく、
完全にオリジナルの内容(構成・脚本)です。

下手に何かを参考にした結果
よくないことが起こったりしたら
シャレになりませんし()


演出に関しては、怖い系のジャンルについては
初心者であったことから、怖いと感じさせるための演出を
多少参考にしているゲームやサイトがあります。
("Ib"や"魔女の家"、"ゴーストスクール"など)

こんな私の動画でもお楽しみいただければ
とってもうれしいです。夏ということで
怖い話に特化した内容でしたがいかがでしたか?

P.S
動画再生数・コメント数の増加が番外編としては
おそらく過去最速のペースだと思います。(2013年8月現在)
ご視聴いただきありがとうございます。


コメントお待ちしております!

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ

ランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします!

新しい記事lホームl古い記事
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。