http://pokebuizu.blog.fc2.com/
ブログトップへ

カスタムプラレール、鉄道、お絵かき(ポケモン・その他)の記事が主体のブログです。

拡張スペース(現在工事中です..)
2018年3月、小田急線がダイヤ改正を実施します。

数が多すぎて書ききれないため、詳細はご自身で確認していただくのがいいかと思います。
小田急 ダイヤ改正 PDF
※リンク切れになっている場合がございます。

正直、驚きました。個人的に気になる変更点をピックアップ。
なお、個人的に良い点は青、悪い点は赤で記入しています。

~小田原線新宿側複線区間~
・朝ラッシュ時優等通過駅は現行の毎時9本から毎時6本へ33%減便
前から不安視されていたことでしたが、緩行線が千代田線に流れているため本数が減少します。私はてっきり区間準急をこの区間各駅停車の準急として復活させるものだと思っていましたが、そのような救済もなく日中と朝ラッシュの本数が同じという憂いなき目に遭うことになりました。

~小田原線複々線区間~
土休日日中に、特急含め毎時27本運行(現在の平日朝ラッシュ並)
土休日日中に、
特急3本
快速急行6本(江ノ島線と小田原線が交互)
急行6本(多摩線と小田原線が交互)
準急6本(全列車千代田線直通) ※うち3本は成城学園前以東
各駅停車6本
が運行されます。

私鉄としては恐ろしい輸送力となります。
複々線化の資金を提供した東京都は最大限恩恵を受けられます。

緩行線を走る優等列車が誕生(推定)
準急が狛江に停車するほか、成城学園前~経堂は各駅に停車するようになります。
停車駅から見て、JR西日本の快速のごとく緩行線を走る優等の誕生と思われます。

>・通勤急行・通勤準急が誕生
どちらかといえば、現在の準急のような停車駅の通勤準急と、向ヶ丘遊園停車・登戸通過の通勤急行が誕生し、西武を彷彿とさせる千鳥停車が実現します。

快速急行が登戸へ停車
遠近分離の要だった快速急行が登戸に停車し、本来の目的を放棄。登戸だって急行が毎時6本来るので通勤急行を停車させて快急は通過で良かったと思っています。ロマンスカーの海老名停車もそうですが、不要な駅に止まり過ぎ。

~小田原線相模大野~登戸~
・朝ラッシュ時、現行では毎時9本の優等通過駅が、最低毎時12本に増便
各停・準急ともに増便となります。

・朝ラッシュ時、快速急行が毎時12本へ。(現在毎時1~2本)
えぐいほどの大増発です。登戸停車の恩恵だと思いますが、朝ラッシュに無理に快速急行を走らせるために登戸に停車させたのであれば微妙かもしれません。

・深夜帯に町田発相模大野行が誕生
その駅数、1駅の超短区間運用です。

~小田原線相模大野~新松田~
・千代田線からの準急が伊勢原まで運転
おそらく、各停の折り返しで本厚木がいっぱいなので準急が伊勢原まで延長運転する形と思われます。

・ロマンスカーに海老名・本厚木の両方停車する便が誕生
もはや急行と変わらないロマンスカー…。海老名は通過でよかったと思います..

~小田原線新松田以南~
・優等・各停ともに25%減便
このあたりは新宿口と違って人口が少ないので仕方ないですが、現行の毎時4本から毎時3本に減らされます(優等・各停ともに)。
人口が減っている以上は仕方のない改正だと思います。

~多摩線~
・夕ラッシュ時(?)快速急行が新たに設定
待望の快速急行が設定されました。

・新宿行の急行が毎時3本新設
従来新宿に行きづらかった多摩線から新宿へ行きやすくなります。

・多摩急行消滅
急行と1駅しか停車駅が変わらなかったので分かりにくくするだけでした。

・まさかの千代田線直通列車が全滅
今まであれだけ千代田線直通列車が運行され、10連化対応なども済ませたことからこれからの千代田線直通は安泰だと思われていましたが、まさかの消滅のご様子。
「大手町まで1本」という謳い文句を信じてお家を買った人が多くいるであろう中で、これは今までにないクラスの減点かと思われます。思えば特急を取り上げられ、都心直通を取り上げられ、多摩線はダイヤ改正のたびに見捨てられる一方で可哀そうになる程です。京王との勝負はどこへやら。

~江ノ島線~
別途記事を組みます。
→「ダイヤ改正による江ノ島線への影響と競合区間の動向

全体的に、お金を出した東京都内が便利になるような内容の改正でした。
神奈川県側はお金を出していないわけですから、ある意味で妥当なのかもしれません。その方面ではね…。

江ノ島線については別途記事を組んでいますので、上のリンクを参照してください。
かれこれ2ヶ月も放置していました。

できるだけタイムリーな話題をやりたいので、溜めていた分を消化してから更新というより、リアルタイムに近いものを優先的に更新してみます。(それでも2ヶ月遅れてるけど)

去る2017年8月20日、毎夏恒例となりつつある第5回とれいんわーるどが開催されました。


これは後日まとめますが、とれわるの前にいくつか制作を進め、本番に備えました。


本運転会では橋脚が優先的に使用されるため、我が家でも大量投入を図ってきましたが、ついに橋脚が余るようになってきたため橋脚の増備についてもそろそろ終盤のようです。


今回の運転会では、会場が2つになり、2Fの思いっきり走らせられるメインレイアウトと、1Fの見せるレイアウトが作られ、主にけいぽけを除く神奈川県のメンバーが1F、それ以外の方が2Fを担当しました。


会場を紹介。まずは1Fから、赤茶さん担当のマットレイアウト。今回はプレート車庫も開放されました。


トミカタウンと新幹線・東横線レイアウトの入口側。
トミカタウンが並んでいる他、高規格路線として建設した新幹線のレイアウトがあります。


在来線レーン(東横線)にはそれらしい車両が並べられました。


プレート車庫はこのような配置でした。。


テーブルレイアウトの全景。


1Fはこのくらいにして、2Fへ行きます。

world2へ続く…。